毎日服を着替えるのと同じようにアートを身近に

未分類

現代アートの楽しみ方

アートギャラリーSunnyGo!へようこそ!

毎日服を着替えるのと同じように、アートも身近に楽しめるギャラリーを提案できたらと思います。
先日サニーゴでは、現代アート作家「横山麻衣」さんをお招きしてレセプションパーティーが開催されました。

イベントレポートはこちらをご覧ください!
↓↓↓

レセプションパーティーは大盛況!

横山さんを通して、現代アートを楽しんでる方が多数いらっしゃいました。

「実は現代アートは特別な知識が無くても楽しめるものなんです!」

現代アートを楽しめるちょっとしたコツを、お教えいたします!よかったら是非読んでみてください。

現代アートのはじまりとはこんなもの!?

現代アートの楽しみ方を伝授する前に、現代アートってどういう所から始まったのか殆どの方がご存知ないのでは?

現代アートは、フランス生まれの芸術家、マルセル・デュシャンが1917年に制作した「泉」という作品が起源と言われています。

その作品がこちら
↓↓↓

この作品、男性便器に「R.MUTT」という架空人物のサインがしてあるというだけのもの。

えっ???

これがどこが作品なの???
なんて思いの方もいらっしゃるのでは(笑)

でもこの作品は現代アートの最重要作品のひとつとされています。

この作品でマルセルが言いたかったのは、風景画や人物画のような、何を表現したいか見てすぐわかる芸術作品に対し、「鑑賞者がその作品を見て創造することこそが芸術だ」ということを打ち出しています。
要するに、「何を表現しているのかは自由に感じて受け取っちゃってください」ということです。

当時この作品が世に出たときは物議を醸していたそうですが(笑)

現代アート的おふざけモナリザ作品

マルセルが1919年に発表した作品にはこんなものもあります。

それがこの作品
↓↓↓

1919年に発表された作品「L.H.O.O.Q.」

レオナルド・ダヴィンチの有名な作品「モナ・リザ」の複製の絵葉書に口髭と青髭を鉛筆で付け加えただけの作品です。
「だれでもいたづらで作品つくれそうじゃん!!!!!」
と突っ込まれそうですが、現代アートにとっては重要な作品として位置づけられています。

作品の題名である「L.H.O.O.Q.」はフランス語で「性的に興奮した女性」という意味。
この作品は今までのアートが高尚なもの・真剣なものに捉えすぎという意味が込められています。
現代アートって色々あって面白いものですね(笑)

現代アートをざっくり言うと…

↑ストリートアートの先駆者、キースへリング作「ラディアント・ベイビー」

現代アートといっても多岐にわたりますが、ざっくり言うと、日常ではなく非日常を描いており、これが正しいといった見方はないと言えます。

よく現代アートは難解なんて言われることがありますが、「鑑賞者がその作品を見て自分で創造することが芸術だ」という概念だからかもしれません。
ただ、逆に言うと、鑑賞者が現代アートを見て自由に解釈していいという側面があります。

知識が無かったとしても、創造することも芸術と考えれば、見て感じたものを楽しむことが現代アートの醍醐味と言えるでしょう。

【現代アートの楽しみ方の解釈】

↑反戦絵画の代表作、パブロ・ピカソ「ゲルニカ」

鑑賞者が現代アートを見て自由に解釈する楽しみ方としては以下の2つがあります。

①作者の時代背景やそのアートから何を表現したいかということは関係なく、自由に解釈して楽しむ
②作者の時代背景やそのアートから何を表現したいかという知識を入れてから見て楽しむ

マルセルの「泉」は①の考え方で楽しんでもらいたいという意味が込められていたようです。

現代アートを楽しむうえでは①も②も大正解!

①は美術館に足を運び、自分で自由に解釈して楽しむことができます。しかし、②は「鑑賞するアートについてある程度知識が無いと、美術館へ行っても楽しめないのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

②の考え方で楽しむ方は、是非アーティストがその場に居るアートイベントや展覧会などに足を運ぶことをおすすめいたします。

実際にアーティストと話したりすることで、楽しむ視野が広がるのではないでしょうか。

アーティストの時代背景や作品から、何を伝えたいかを直接聞くことで、アーティストも作品に興味を持ってくれることを喜ぶでしょう。
実際、先日サニーゴで現代アート作家の横山さんをお招きしてレセプションパーティーを開催した際も、

「現代アートに知識ない方でも作品に興味を持って話してくれることだけでも嬉しい」
と横山さんは心から喜んでおられました。

横山さんの油絵に駆ける想いをインタビューいたしました。興味ある方はこちらをご覧ください!

サニーゴでは2か月に1度ではアーティストイベントを開催しております。
アーティストに身近に触れられる機会が少ない方にはおススメです!

アートってこんなに面白いっ!

アートギャラリーSunnyGo!では、衣服を買うのと同じようにアートを楽しんでほしいというコンセプトを元に発信していきます。

今回は現代アートをテーマにいたしましたが、随時アート記事を更新していきます。
アートを身近に感じて頂ければ幸いです。

—–
エナジーテラス SunnyGo!
公式HP: https://www.sunnygo.shop
住所: 麻布十番3-5-4 フレーミー麻布十番1階B
アクセス: 南北線 麻布十番駅 1番出口 徒歩3分–
営業時間:
[月〜木]12:00〜21:00
[金]12:00〜19:00
[土、祝日]11:00〜17:00
[日]定休日
—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました